请选择 进入手机版 | 继续访问电脑版

百花论坛

搜索
查看: 500|回复: 0
收起左侧

あなたは知っていますか?「成田闘争」から50年

[复制链接]
发表于 2016-7-4 21:04:11 | 显示全部楼层 |阅读模式

今すぐ登録、素晴らしい風景が広がります。

您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?立即注册

x
あなたは知っていますか?「成田闘争」から50年
NHK7月4日 19時59分

                               
登录/注册后可看大图

今から50年前の昭和41年7月4日。成田空港を現在の場所に建設するという閣議決定がなされました。建設予定地の農家などが反発したのをきっかけに、激しい反対運動、いわゆる「成田闘争」に発展しました。「成田闘争」から50年。その教訓を語り継ごうと活動している男性がいます。
続きを読む
成田闘争とは

                               
登录/注册后可看大图
「『成田闘争を知っているか』と若者に尋ねても、ほとんど答えが返ってこないことが、もうずいぶん前から続いている」ある空港関係者のことばです。
「成田闘争」とは、成田空港の建設を巡る、地元の農家などによる反対運動のことを言います。反対運動には、全国から集まった学生や過激派も加わり、激しさを増していきました。反対派と機動隊とが衝突し、双方に死傷者が出るなかで土地の強制収用も行われました。結局、成田空港の開港は閣議決定の12年後、昭和53年にまでずれ込みました。開港予定日の直前に、管制塔が襲撃を受けて占拠される事件が起き、さらに2か月開港が延期される事態にもなりました。
その後、国が強引な手法を謝罪しましたが、空港の敷地内には現在も反対派の農家が住み続けるなど、50年たった今もなお尾を引いています。
成田闘争を語り継ぐ資料館
成田空港のすぐそば、千葉県芝山町にある「航空科学博物館」。航空ファンにはおなじみの施設です。その敷地内にあるのが「成田空港 空と大地の歴史館」です。成田空港を管理運営する成田空港会社が5年前に開業しました。
空港を建設する側と反対する側の双方の立場から、当時の写真や資料などを展示しています。展示物の中には、反対派が用意した火炎瓶や、ぼろぼろになったヘルメットなどもあります。「成田闘争」がなぜ起き、どのような経緯をたどったのか、学び取るべき教訓は何かを伝えようとしています。
“語り部”の空港公団OB

                               
登录/注册后可看大图
成田空港会社の前身、空港公団のOBの板橋孝さんは、「成田闘争」の歴史を空港側の立場から語り継ごうと、施設の“語り部”として活動しています。取材にうかがった日、板橋さんは、来館者に展示の説明をしながら、こう語りかけました。「成田空港には大変長くてつらい歴史があったわけです。過去に何があったのか、どうして起きたのかという背景も含めて、伝えていくということです」。
来館者に感想を聞くと、「こういう過去があったとはあまり知らなかったので、いろいろと感じるところがありました」と話していました。
農家の自宅の強制収用に複雑な思い

                               
登录/注册后可看大图
板橋さんは、空港建設を進めた旧空港公団の1期生でした。空港の建設予定地の土地収用に関する業務を担当していました。板橋さんが、とりわけつらい仕事だと感じたのが、予定地に住む農家の土地の強制収用だったと言います。対象となったのは、建設予定地に住み、細々と農業を営んでいた故・小泉よねさんの自宅。農家の自宅が強制収用された唯一のケースでした。

                               
登录/注册后可看大图
強制収用の代執行が行われた日のことを、板橋さんは今も鮮明に覚えていると言います。反対派の学生などを自宅に受け入れていた小泉さん。反対派と機動隊とが衝突するなかで、目の前で自宅が取り壊され、土地を強制的に収用されました。機動隊員に運び出された小泉さんは、混乱のなかで、前歯を折るけがをしました。
当日は事務所に残って状況を見守るしかなかった板橋さん。そのときのやるせない思いを胸に、今も「語り部」の活動を続けていると言います。「組織の中の人間というのは、よほどのことがないかぎり、仕事を遂行する義務があるわけですよね。私自身も農家の出身で、忸怩(じくじ)たる思いがあったのは事実です」。
空港内で墓碑を守る遺族の思い
成田空港の敷地内にある小泉よねさんの墓碑。実は、去年建てられたばかりです。
遺族の小泉英政さんは、強制収用の2年後に亡くなったよねさんに代わり、収用は不当だと訴え、謝罪などを求め続けてきました。ようやく、補償金の支払いで成田空港会社と合意したのは、去年5月のことでした。長年にわたってこじれ続けた問題が、一つの節目を迎えたのを機に、英政さんはよねさんの墓碑を建てて守っています。「よねさんはずっと『家に帰りたい』と言っていたんですよ。おばあさんの無念さをむだにしないで、僕も訴えていくつもりだし、そういう場所としてもこの墓碑があると思います」。
変貌を遂げようとする成田空港

                               
登录/注册后可看大图
今、成田空港は大きく変貌を遂げようとしています。発着枠の拡大に向けて、3本目の新しい滑走路の建設を含めた検討が進んでいるのです。国・千葉県・空港周辺自治体・成田空港会社が設けた協議会で、具体的な検討が行われています。仮に新滑走路を建設するとなると、土地の取得を避けては通れない見通しです。板橋さんは、今こそ、自分たちの経験を伝えなければならないと感じています。
「成田空港 空と大地の歴史館」には、現在の成田空港や、地域との関わりについての展示もあります。来館者に説明を行った板橋さんは、こう語りかけました。「私の願いは、成田空港がたどった歴史を伝え、将来にわたって自分たちの二の舞にならないようにしてほしいということなんです」。
公共事業で教訓を生かす

                               
登录/注册后可看大图
空港をはじめとする公共事業の進め方はどうあるべきなのか。板橋さんは、反対派や少数派の意見を丁寧にくみ取ることで、「成田闘争」の教訓を生かしてほしいと考えています。
「大切なのは、声なき声に耳を傾けるということですよ。もっと想像力を働かせて、『自分だったら、あの人だったらどう思うだろうか』と、想像力を豊かにして、その人が言わなくても手をさしのべる。そんな公共事業の在り方が、私の願いです」。


回复

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 立即注册

本版积分规则

Archiver|手机版|小黑屋|百花网 - 日本华人论坛 ( Copyright (C) 2015 Flowers Corporation. All Rights Reserved. )

GMT+9, 2020-1-19 02:06 , Processed in 0.094746 second(s), 21 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表