请选择 进入手机版 | 继续访问电脑版

百花论坛

搜索
查看: 37|回复: 0
收起左侧

米中貿易摩擦 日本企業は中国での生産体制の見直しが加速

[复制链接]
发表于 2019-9-1 14:33:40 | 显示全部楼层 |阅读模式

今すぐ登録、素晴らしい風景が広がります。

您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?立即注册

x
米中貿易摩擦 日本企業は中国での生産体制の見直しが加速
NHK2019年9月1日 5時02分
1111.jpg
アメリカと中国の貿易摩擦が激しさを増していることから、日本企業の間では、関税の負担を抑えようと、アメリカ向けの製品の生産を中国からほかの地域に切り替える動きが加速しています。

大手精密機器メーカーのリコーは、アメリカ向けに輸出してきた年間数万台の複合機について、生産を中国からタイに切り替えました。

タイの工場の生産量はこれまでより1割ほど増えたということで、会社は、中国の工場では日本やヨーロッパなどほかの地域に輸出する製品を生産しています。

リコーの西宮一雄常務執行役員は、「関税の影響は極力、減らしていきたい。日本メーカーにとって、関税や為替、災害などの影響に柔軟に対応できる体制を持つことが課題であり、今回は適合できたと思っている」と話しています。

このほか、三菱電機もアメリカに輸出していた半導体や産業用機械の生産の一部を中国から日本に切り替えたほか、ダイキン工業はアメリカ向けのエアコン部品のコンプレッサーの生産を中国からタイに切り替えました。

米中の貿易摩擦は収束の兆しが見えない状況になっているだけに、生産体制の機動的な見直しは日本のメーカーにとって欠かせない戦略になっています。

日本の中国向け輸出は減少
米中の貿易摩擦の激化による中国の景気減速の影響で、日本の輸出額全体のおよそ2割を占める中国への輸出の落ち込みが続いています。

財務省の貿易統計によりますと、去年1年間の日本から中国への輸出額は15兆8977億円で、10年前の1.5倍に増えました。

しかし、ことし6月までの上半期の輸出額は、7兆301億円で前の年の同じ時期と比べて6200億円あまり、率にして8.2%減少しました。

そして、7月の輸出額も1兆2288億円と、去年の同じ月を9.3%下回りました。7月の輸出額を品目別に見ますと、自動車部品は、483億円で前の年の同じ時期より35%減ったほか、半導体の製造装置は716億円で31.5%減少しました。

またスマートフォンやパソコンなどの製造に欠かせない、半導体などの電子部品は799億円で19%減少しました。このほか、合成ゴムや油脂などの原材料が52.9%減ったほか金属を加工する機械が37.3%と大幅に減少しています。

貿易統計に詳しい第一生命経済研究所の小池理人副主任エコノミストは「米中の貿易摩擦の激化による中国の景気減速の影響で、中国企業が設備投資を控えたり、アメリカへの製品の輸出が減少したことで、中国向けに部品などを供給している日本企業の輸出に影響が出ている」としています。
回复

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 立即注册

本版积分规则

Archiver|手机版|小黑屋|公益百花网 - 日本华人论坛 ( Copyright (C) 2015 Flowers Corporation. All Rights Reserved. )

GMT+9, 2019-10-16 11:42 , Processed in 0.118280 second(s), 24 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表