请选择 进入手机版 | 继续访问电脑版

百花论坛

搜索
查看: 84|回复: 0
收起左侧

どう見る?キャッシュレスの未来 ~LINEトップに直撃

[复制链接]
发表于 2019-2-10 22:04:57 | 显示全部楼层 |阅读模式

今すぐ登録、素晴らしい風景が広がります。

您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?立即注册

x
ビジネス
特集
どう見る?キャッシュレスの未来 ~LINEトップに直撃
2019年2月9日 19時52分

相次ぐ企業の参入や大規模なキャンペーン。そして、消費税率引き上げ時の対策。最近、頻繁に耳にするのが「キャッシュレス」ということばではないだろうか。その可能性や人々の暮らしにもたらす変化をどう見通しているのか。スマホ決済を推し進めるキーパーソンの1人、LINEの出澤剛社長を直撃した。(経済部記者 川瀬直子)
FOREIGN201803151642000190590015758.jpg
※出澤社長へのインタビューを含む「キャッシュレス特集」を、2月11日(祝)の「ニュースウォッチ9」で放送します。
ライバルは他社にあらず世界の主要国に比べて遅れていると言われてきた日本の「脱現金=キャッシュレス化」の動き。一転して急速に激しさを増す今の競争環境をどう感じているのか。メッセージアプリで7800万人もの利用者を持つLINEを、2015年から社長として率いている出澤氏に、その点から聞いた。

                               
登录/注册后可看大图
『本当に潮目が変わったと感じていて、2018年がキャッシュレス元年とすれば、2019年は花開く年。競合他社は増えていますが、私が言っているのは“ライバルは現金”だということ。他社が大きなキャンペーンをするとわれわれのユーザーも増えて市場が広がっていくという段階なので、健全な競争を通じて、現金の不便さといったことを訴えていくことに意味があります』
『われわれのスマホ決済が使える場所を133万か所まで増やしてきましたが、まだ道半ば。小さなお店までインフラを整えていくというのは非常に大事なことです。同時に、使っていただいてユーザーに便利さを実感してもらうことも大事。この2つに同時並行で取り組んでいます』
サービスはどう広がるのか

                               
登录/注册后可看大图
メッセージアプリからスタートして2014年に金融分野に参入。最近では「みずほ」との協業で銀行参入まで決めたLINE。今後のキャッシュレスビジネスをどう見通し、暮らしをどう便利にしていこうというのだろうか。
『ニュースや漫画などオンライン上のわれわれのサービスでは、ユーザーの許諾を得たうえで、ある程度、行動を分析し、リコメンド(=おすすめ)ができます。今はオンライン上だけの話ですが、スマホ決済が広がると、例えば街のお店でどんなものを買ったかを同意を得て分析することで、おすすめの精度が上がっていくことになります』
『決済アプリの画面上で、「きょうはある店で非常に安い割引が受けられる」というような、常にいちばんお得な情報が出てくるということになれば、新しい広告ビジネスができる。あるいは、「きょうちょっと飲み会のお金が不安だな」という時に、3000円とか少額を借りようかというクレジット事業も可能性がある。今の金融サービスを見ると、例えば給料日にはATMに列ができるとか、窓口で待ち時間が長いとか、スマホを使うことでもっと便利にする余地があるんですね』

                               
登录/注册后可看大图
『ただ、(キャッシュレス化が加速度的に進み、個人情報が幅広く活用されている)中国のような状況にはならないと思っています。あくまでユーザーの心地よい形で、ユーザーは提供する情報を選べるようにし、われわれはそれを使って「こんなに便利なサービスができるんですよ」という風に応えていく姿勢が必要。その点を大前提として、いろいろなデータを使ったビジネスが生まれてくるということです』
LINE流“信用スコア”金融サービスで、今、動いているのが「信用スコア」だ。買い物の履歴など、さまざまなデータを分析して個人の信用力を数値化。その数値を活用して融資を行う。出澤社長は、既存の金融機関とは違う層にサービスを提供できる可能性があると言う。
『今、働き方はどんどん変わっています。昔に比べてフリーランスの方が増えたり、非正規社員の方も増えたり、共働きの家庭も増えたり。一方で、お金を借りる時の信用情報のはかり方は昔からずっと変わっていない。今は、オンライン上で皆さん多くの活動をしていて、いろいろな情報がたまっているので、今までのような信用情報にオンライン上の行動のデータを掛け合わせることによって、世の中の実態や今の人たちのライフスタイルに合った新しい信用情報が作れるのではないかと思っています。同意を得るのが大前提ですが、今までの金融機関がリーチできなかったようなきめ細かいサービス、より個人に寄り添った形のサービスができていくのではないかと思っています』
どんな未来を見通すかこれまでの記者会見で、出澤社長は「5年後の当たり前」を考え抜き、逆算して新たなサービスを考えていると語っていた。今、思う「未来の当たり前」とは。

                               
登录/注册后可看大图
『詳しくは申し上げられませんが(笑)、例えば認証の方法だって変わってくるかもしれませんし、現金を持ち歩く必要がなくなれば、ATMのようなものは減っていくでしょう。給料もデジタル決済で払えるようになるかもしれません』
『世の中のありとあらゆるものの“距離を近くする”のが自分たちのやるべきことだというビジョンを掲げていて、それをスマホのサービスでーーー将来はスマホという形ではなくなることもあるかもしれませんがーーーユーザーが驚くような新鮮な体験を実現させていきたいと思っています』

                               
登录/注册后可看大图
キャッシュレス化の今後を考える上では、さまざまな支払い、決済から得られるデータをどう活用して新たなユーザー体験につなげられるかがカギとなる。一方で、個人情報の保護に対する利用者の意識は高まっていくと考えられるし、各国の規制も強化の方向だ。

利便性と安心が両立したユニークなサービスがどう打ち出されるのか、メッセージアプリですでに膨大な利用者を抱えるLINEだけに、戦略の具体化が注目される。

                               
登录/注册后可看大图
経済部記者
川瀬 直子
平成23年入局
新潟局をへて札幌局
現在 情報通信業界を担当




回复

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 立即注册

本版积分规则

Archiver|手机版|小黑屋|公益百花网 - 日本华人论坛 ( Copyright (C) 2015 Flowers Corporation. All Rights Reserved. )

GMT+9, 2019-8-18 08:01 , Processed in 0.115887 second(s), 25 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表