请选择 进入手机版 | 继续访问电脑版

百花论坛

搜索
查看: 89|回复: 0
收起左侧

iPS細胞 脊髄損傷患者に応用 慶応大の臨床研究大筋で了承

[复制链接]
发表于 2018-11-14 08:45:01 | 显示全部楼层 |阅读模式

今すぐ登録、素晴らしい風景が広がります。

您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?立即注册

x
iPS細胞 脊髄損傷患者に応用 慶応大の臨床研究大筋で了承
NHK2018年11月14日 7時19分

事故などで脊髄を損傷し体が動かせなくなった患者に、iPS細胞から作った神経のもとになる細胞を移植し、体の機能の回復を目指す慶応大学のグループの臨床研究について、大学の委員会は大筋で了承しました。iPS細胞を脊髄損傷の患者に応用するのは世界でも初めてだということで、今後、国に申請するなど実施に向けた手続きが本格化します。
FOREIGN201803151642000190590015758.jpg
脊髄損傷は交通事故やスポーツの事故などで、背骨の中の神経が傷ついて手や足などが動かなくなるもので、毎年、新たにおよそ5000人ほどがなるとされ、有効な治療法はありません。

慶応大学の岡野栄之教授と中村雅也教授らのグループは、脊髄損傷の患者にヒトのiPS細胞から作った神経のもとになる細胞、およそ200万個を移植する世界初の臨床研究を計画しています。

移植された細胞が神経細胞に変化することにより、脳からの信号が伝わり、手や足が再び動かせるようになることを目指します。

この臨床研究は去年、大学の委員会に申請されて審査が続いていましたが、13日に開かれた委員会で大筋で認められたということです。

大学の委員会では、来月にも正式に承認される見通しで、その後、国に申請して審査を受けるなど、実施に向けた手続きが本格化することになります。

iPS細胞を使った再生医療は、神戸にある理化学研究所などのグループが重い目の病気の患者に実施しているほか、京都大学のグループがパーキンソン病の患者にも行っています。


回复

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 立即注册

本版积分规则

Archiver|手机版|小黑屋|公益百花网 - 日本华人论坛 ( Copyright (C) 2015 Flowers Corporation. All Rights Reserved. )

GMT+9, 2019-6-18 12:03 , Processed in 0.219959 second(s), 24 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表